成功と失敗|代表税理士のブログ

掲載日:2019年12月16日(月)(更新日:2020年2月10日)

今日は、成功と失敗ということについてお話したいと思います。 独立前の私は、成功している経営者から少しでも学び何かを吸収したいと思い,経営者の考え方や体験を綴った本を読んでいました。

ただ、経営者として経験ゼロの当時の私はこんな風に思っていました。

考え方や思考に関する本を読めば、何か理想ばかりだな。

体験を綴った本を読むと、全ての経営者が、順風満帆なわけではない。 むしろ、大失敗と言える体験をしていて、それでも最終的に成功を収めている。 正直よくあるサクセスストーリーだなと感じていました。

ただ、しばらくして自分が経営者として新しいことにチャレンジしようと思った時に もう一度同じ本を読んでみたところ少し感じ方に変化がありました。

独立前後の私は、「成功」したいという思いが強く自然と「成功」にフォーカスして、「失敗」は できれば触れたくないものという考えになっていました。

ところが、チャレンジにはいい時もあれば悪い時もある。 それでも進み続けるためには、その時に自分自身が起きたことをどう受け止めるかなのではないかと思い始めたのです。

さらに成功されている経営者の共通点を探していくと「失敗」とはあきらめた時点で使う言葉だと皆さんおっしゃっています。

うまくいかないことが続いても、あきらめなかったらまだ「失敗」ではありません。 (漫画スラムダンクにも似たような有名なセリフがありますよね)

ということは、成功するまでやり続ければ「失敗」はあり得ないのです。

自分ができない理由を考え、行動することをやめると決めた時点が「失敗」です。

あきらめなければ成功に近づくためのノウハウが蓄積していってる途中なのです。 つまり「失敗=成長」なのではないでしょうか。

チャレンジを続けている限りは、もしうまくいかなかったことがあったとしても「失敗」ではなく「成長」があるだけなのです。

失敗を積み重ねれば積み重ねるほど自分は成長している。 どんなにうまくいかないことがあってもそれ以上の成長があると思えばポジティブに進んでいけるのではないでしょうか。

今日は、皆さんが歩みを止めてしまいそうな時に少しでも前向きになってもらえる考え方をお伝えできればと思い 成功と失敗ということについてお伝えさせていただきました。

その時にはこの内容を少しでも思い出していただき次の一歩を踏み出していただけると嬉しいです。

エグゼクティブコーチング 特設サイト
メルマガ登録はこちらから!
お名前
メールアドレス
業種
役職

  |  


代表税理士の佐野伸太郎です。
宜しくお願いいたします。
プロフィール詳細はこちら

過去の記事

書籍情報